セノバスエナジーの解説と記事一覧

セノバスエナジーの解説と記事一覧

セノバスエナジー(Cenovus Energy)(CVE)はカナダ・カルガリーに拠点を置く、石油・ガス採掘事業者です。同社は2009年、エンカナ(現オビンティブ(OVV))から分離して生まれた企業です。

Investing in Cenovus

セノバスエナジーの事業は、オイルサンド採掘事業、天然ガス等の探査事業、石油製品への精製と化学製品の製造事業、その他金融商品などを管理する事業の4つから成り立っています。

採掘コストはおおよそ1バレル20~40ドル前後(WTI原油基準。2020年5月時点)で、2020年の企業業績は1バレル34ドルで計算されていました。企業業績に併せて配当を増減する傾向にあります。

セノバスエナジー(CVE)の基本情報(2020年5月)
ティッカーCVE
セクターエネルギー
配当月年4回
3月/6月/9月/12月
配当金利回り約4.19%
市場トロント証券取引所
ニューヨーク証券取引所

セノバスエナジーは「S&Pトロント60」の構成銘柄です。

セノバスエナジーに関する記事一覧

スポンサーリンク
投資

セノバスエナジー(CVE)の特徴や財務などをみてみる

カナダのエネルギーセクターの1銘柄である「セノバスエナジー(Cenovus Energy)(CVE)」について見てみました。同社は主にオイルサンドの採掘と原油の精製で収益を得ています。 Inve...
エネルギーセクター セノバスエナジー
スポンサーリンク