カナダの株価成長企業30社を集めた「TSX30 2020」が発表されました

TSX30 2020投資

トロント証券取引所は、同証券取引所に上場するカナダ企業のうち、過去3年間(2017年6月末~2020年6月末)の配当調整後株価上昇率が高い企業をランキング化した「TSX30」を発表しました。

Toronto Stock Exchange (TSX) today announced the 2020 TSX30™, a flagship program that showcases TSX’s 30 top-performing stocks that represent sustained excellence over the long term.

出典:Toronto Stock Exchange Announces the 2020 TSX30 | TMX

この表彰制度は2019年から始まっており、選ばれた30社の表彰や業績を祝う祝典(今年はオンラインで)行われる予定です。

TSX30銘柄の3年間の平均成長率は242%で、その結果221ビリオンカナダドルの時価総額が増えました。また、5銘柄がS&P/TSX 60(S&Pトロント60)構成銘柄で、16銘柄がS&P/TSX Composite Index(S&Pトロント総合)の構成銘柄だそうです。

というわけで、主な受賞銘柄を見ていきましょう。

TSX30 2020 受賞銘柄
ランキング銘柄ティッカー
(米国市場)
3年間の成長率
1ショピファイSHOP+1043%
2バラードパワーシステムズBLDP+459%
3クロノスグループCRON+378%
4カークランドレイクゴールドKL+363%
5アラサーゴールドALACF
※OTC市場のみ
+349%

※6位以下はTSX30 2020 Winners | TMX MONEYを参照

以下は上位5銘柄の株価推移と、S&Pトロント総合に連動するETF(XIC.TO)の比較です。ETFの3年間のパフォーマンスがわずか+4%だったのに対し、受賞5銘柄のパフォーマンスは圧倒的です。

TSX30 2020の株価パフォーマンス

1位は日本でも比較的有名なカナダ企業であるショピファイでした。同社はカナダの上場企業として存在感を持つ成長株で、3年間の株価のパフォーマンスも他を圧倒しています。特にコロナショック後の株価上昇はすさまじかったですね。

2位のバラードパワーシステムズは燃料電池事業を展開するハイテク銘柄です。旧来の化石燃料事業者が多いカナダで、この銘柄はすごく貴重です。

その他、クロノスグループ(大麻株)、カークランドレイクゴールド(金鉱株)、アラサーゴールド(金鉱株)と続きました。カークランドレイクゴールドは2019年までの10年間のパフォーマンスも優れていたことは、以下の記事で紹介しています。

2019年までの過去10年間で高いリターンを出したカナダ企業10社(2020年1月配信記事より)
カナダの通信会社「Bell」の情報チャンネル「BNN Bloomberg」に、「2019年までの過去10年間で高いリターンを出したカナダ企業10社」に関する記事がリリースされていたので紹介します。 ...

30位まで見ると、全体的に金鉱株や銀鉱株を含む資源系の銘柄が多いのは、最近のゴールド価格の上昇が影響しているように感じます。

ちなみに、ここで紹介した上位5銘柄は、アラサーゴールドを除き日本のネット証券から、米国株取引を通じて売買できる銘柄です。ショピファイやバラードパワーシステムズは、テーマとして将来性もあると思うので、チェックしてみてはいかがでしょうか。