BCEの特徴と財務。高配当を堪能するために購入タイミングに注意したい銘柄

投資

カナダの主要な通信株である「BCE」について見てみました。同社は1800年代にグラハム・ベルが設立した「ベル電話会社」に由来する企業で、かつてはベル・カナダ・エンタープライズと名乗っていました。

Overview | BCE

BCEは典型的な高配当株で、2020年現在で12年間増配を続ける、連続増配銘柄でもあります。カナダの配当課税を考慮しても、高い利回りを享受しやすい銘柄です。

BCE(ベル・カナダ・エンタープライズ)から配当金をもらいました(2020年7月)
カナダの3大通信事業者の1社である「BCE(ベル・カナダ・エンタープライズ)(NYSE:BCE、TSX:BCE)」より配当金をもらいました。 Shares and dividends | BCE...

一方、将来ぐんぐん株価が高まることは期待しにくいため、株を買うタイミングを精査したい銘柄です。

2020年現在、カナダでは5Gの導入が進められており、将来的には人口の99%がBCEのLTEネットワークに接続できるようになる予定です。

スポンサーリンク

業務内容

BCEはカナダでモバイル通信、固定電話サービス、インターネットサービス、コンテンツ配信サービスなどを提供しています。セグメントはBell Wireline、Bell Wireless、Media事業の3つから成り立ちます。

売り上げに基づくシェアで見ると、Bell Wirelessに属するBell Mobilityはマーケットのおおよそ3割を占めています。

カナダのモバイル通信のシェア

出典:https://www.ibisworld.com/industry-insider/analyst-insights/spectrum-s-effect-on-5g-technology-and-telecom-in-canada/

一方、固定通信サービスで、BCEはおおよそ4割のシェアを持ちます。

カナダの固定電話のシェア

出典:https://www.ibisworld.com/industry-insider/analyst-insights/spectrum-s-effect-on-5g-technology-and-telecom-in-canada/

以上のように、BCEはカナダでも有力な通信事業者であることがわかると思います。

業績と負債の推移

以下は年ごとのBCEの売り上げ・負債推移とキャッシュフローを示したものです。

BCEの売り上げと負債推移

出典:gurufocus

BCEの事業はすでに完成しており、毎年安定したキャッシュフローがある点が素晴らしいですね。BCEはフリーキャッシュフローの65~75%程度を配当に回すと宣言しており、典型的な高配当株の特徴を示します。

一方、負債は毎年増えていますね。キャッシュフローの多くは配当に回す一方で、事業自体は負債で資金を賄っているようです。

BCEのインタレスト・カバレッジ・レシオは4.95(2020年7月)と負債金利を十分に賄えるだけの営業収益があります。DEレシオ(負債資本倍率)も他社より優れており、「業績の安定したカナダの通信業者」として選択に値すると思います。

カナダの通信事業者のDEレシオ(負債比率)を比較してみる
カナダの通信セクターに属する銘柄のうち、米国市場を通じて取引できる銘柄(含OTC)のDEレシオを調べてみます。 【DEレシオとは】 負債資本倍率(Debt Equity Ratio)とも呼ばれ、企...

続いて、BCEのセグメント毎の売り上げを見ると以下のようになっています。現在のところ、最も売り上げが多いのは有線通信サービスを提供するWirelineセグメントです。

BCEのセグメント別売り上げ

出典:https://www.bce.ca/investors/invest-in-bce

ただし、2018年から2019年への業績でもわかるように、現在業績が伸びているのは無線通信サービスであるWirelessセグメントです。将来的にはWirelineとの売り上げ順位は逆転するかもしれませんね。

BCEのセグメント別売り上げ

出典:https://www.bce.ca/investors/AR-2019/2019-bce-annual-report.pdf

長期の株価推移

BCEの株価とPER 15のライン

出典:gurufocus

BCEの株価はおおよそPER 15倍より少し高めに推移する傾向にあります。ライバル他社もほぼ同等のPERですので、特別高いわけではなさそうです。

投資判断

BCEはカナダでも有力な企業で、配当も魅力的です。高配当株である以上、将来ぐんぐん株価が高まることは期待しにくい銘柄です。株を買うタイミングを精査したい銘柄です。

強いてデメリットを挙げるとすれば、財務面では日本の通信事業者(NTTドコモやKDDI)のほうが優れており、特に破綻リスクが極めて低く抑えられている点で、BCEよりもおすすめしやすいです。

「カナダ株縛り」が無ければ、個人的には日本の通信事業者を選びますねw

株価が大きく上がりそうな話題はありませんが、5Gサービスが拡大することで、将来にわたっても安定的なキャッシュフローは得られると思います。