BCE(ベル・カナダ・エンタープライズ)から配当金をもらいました(2020年7月)

2014年からのBCEのトータルリターン投資

カナダの3大通信事業者の1社である「BCE(ベル・カナダ・エンタープライズ)(NYSE:BCE、TSX:BCE)」より配当金をもらいました。

Shares and dividends | BCE

BCEはカナダ株配当貴族インデックス(S&P/TSX Canadian Dividend Aristocrats Index, CDZ.TO)に含まれる高配当銘柄です。

スポンサーリンク

受領配当金

  • 保有株数:2
  • 税引後配当金:0.87USD
  • 配当利回り:5.74%

S&Pトロント総合指数に連動するカナダ株ETF(iShares Core S&P/TSX Capped Composite Index ETF)の配当利回りが3.35%です。それと比較すると、BCEの配当利回りは高めです。

配当推移と株主還元

キャッシュフローから計算したBCEの配当性向は約51%です。2019年のアニュアルレポートによると、BCEはフリーキャッシュフローの65~75%程度の配当を目標としています。BSEは過去12年間にわたって5%以上の増配を続けている銘柄で、2009年から128%成長しました。

BCEの配当ポリシー

出典:https://www.bce.ca/investors/AR-2019/2019-bce-annual-report.pdf

2014年からのBCEのトータルリターンは44.9%で、トロント総合指数の5年間のリターンを上回ると述べています(冒頭画像)。

ちなみにBCEは2018年に自社株買いを行ったものの、2019年には行いませんでした。同社の株主還元は、どちらかと言えば配当がメインになるようです。

財務などの話は以下をご覧ください。

BCEの特徴と財務。高配当を堪能するために購入タイミングに注意したい銘柄
カナダの主要な通信株である「BCE」について見てみました。同社は1800年代にグラハム・ベルが設立した「ベル電話会社」に由来する企業で、かつてはベル・カナダ・エンタープライズと名乗っていました。 ...