カナダのエネルギー関連株のDEレシオ(負債比率)を比較してみる

投資

カナダの主なエネルギー関連銘柄の負債比率(DEレシオ)を調べてみます。資源国のカナダにとって、原油・オイルサンド関連銘柄は重要なセクターです。

エネルギーセクターの概要と記事一覧
カナダは石油などのエネルギー資源の豊富な国です(しかも政情が安定しているのも魅力!)。多くのエネルギー株はカナダのアルバータ州を中心に分布するオイルサンドの採掘(上流)と米国へのパイプライン輸送(中流...

【DEレシオとは】
負債資本倍率(Debt Equity Ratio)とも呼ばれ、企業財務の健全性を見る指標のひとつ。企業の借金である有利子負債が返済義務のない自己資本(株主資本)の何倍かを示す。数値が低いほど財務内容が安定している。

出典:DEレシオ(でぃーいーれしお) | 野村證券

残念ながら、2020年6月時点の情勢は、エネルギー株にとっては逆風が吹いている状態が続いています。将来株価が浮上するかはわかりませんが、その前に企業が倒産してしまうことだけは避けたいことです。

※DEレシオは数値が低いほど優秀で、Cash to Debt(現金負債比率)は数値が高いほど優秀(ただし、その現金は負債で補った可能性)。数値はgurufocusより引用。

カナダ籍エネルギー関連企業の負債比率(2020年第一四半期べース)
企業DEレシオ
(Debt to Equity)
現金負債比率
(Cash to Debt)
カナディアンナチュラル
(CNQ)
0.680.06
ベイテックスエナジー
(BTE)
3.110.18
サンコアエナジー
(SU)
0.540.11
グランティアラエナジー
(GTE)
1.010.08
ハスキーエナジー
(HUSKF)
0.460.18
インペリアルオイル
(IMO.TO)
0.230.26
セノバスエナジー
(CVE)
0.540.02
バーミリオンエナジー
(VET)
1.810.01
エンブリッジ
(ENB ※Mid stream)
10.01
TCエナジー
(TRP ※Mid stream)
1.710.03
ペンビナパイプライン
(PBA ※Mid stream)
0.670.01

財務的にもっとも優秀だったのはインペリアルオイル(Imperial Oil(TSX:IMO))でした。この企業はエクソンモービルの子会社で、カナダで3番目(2014年時点)に大きな石油関連企業です。

次に優秀だったのがハスキーエナジー(Husky Energy(TSX:HSE))でした。この企業はカナダのオイルサンドの開発のほか、太平洋や大西洋にて原油の探査と採掘を行っています。2014年時点ではカナダで6番目に大きい企業です。

残念ながら、インペリアルオイルもハスキーエナジーも、日本のネット証券から投資する術はありません。

業界でもっとも大規模なサンコアエナジー(NYSE:SU、TSX:SU)とカナディアンナチュラル(NYSE:CNQ、TSX:CNQ)の負債はだいたい中間的でした。

一方、ベイテックスエナジーやグランティアラエナジーなど、中小の探査銘柄(アップストリーム)と、エンブリッジ・TCエナジーのパイプライン輸送銘柄(ミッドストリーム)を中心にDEレシオが高くなっています

このうち、中小の銘柄はカナダやアメリカのオイルサンド地帯(シェールオイル地帯)のみにポートフォリオを有しているケースがあるので、採掘コストや政治的な理由から経営難になる可能性があります。

エンブリッジとTCエナジーはパイプライン敷設の設備投資が大きいものの、一度完成すれば長期契約で資金を得らえる業態です。そのため、ある程度の負債の大きさも許容されるのかもしれません。

ちなみにエクソンモービル(XOM)のDEレシオは0.25、シェブロン(CVX)のDEレシオは0.23でした。DEレシオベースで銘柄を選ぶなら、カナダのエネルギー関連銘柄を選ぶよりもスーパーメジャーを選んだほうが安心ですね。