カナダ籍金鉱株の「コスト」AISC(All-In Sustaining Costs)を調べてみる

投資

AISC(All-In Sustaining Costs)とは、探鉱から採掘、閉山までのすべてのコストを含めたものです。ざっくり言えば、現在の金価格からAISCを引いた分が、採掘企業の利益になります。

今回はSeeking Alphaの記事を参考に、カナダ籍企業のAISCをまとめてみました。

Gold Miners’ Q1 2020 Fundamentals | Seeking Alpha

スポンサーリンク

カナダ籍金鉱株のAISC

カナダ籍企業のAISC(単位:USD)
企業AISC
バリックゴールド(GOLD)954
フランコネバダ(FNV)
ウィートンプレシャスメタル(WPM)
アグニコイーグルマインズ(AEM)1099
カークランドレイクゴールド(KL)776
キンロスゴールド(KGC)993
B2ゴールド(BTG)721
ヤマナゴールド(AUY)1032
アラモスゴールド(AGI)1010
パンアメリカンシルバー(PAAS)969
SSRマイニング(SSRM)
エンデバーマイニング(EDV.TO)899
イクノクスゴールド(EQX.TO)
アイアムゴールド(IAG)1230
ファーストマジェスティックシルバー(AG)
プレティウムリソース(PVG)996
オシスコゴールド(OR)
エルドラドゴールド(EGO)952
サンドストームゴールド(SAND)

参考までに、アメリカのニューモントマイニング(NEM)が1030USD、オーストラリアのニュークレストマイニング(NCM)が827USD、南アフリカのハーモニーゴールド(HMY)が1336USDでした。

記事によると、金鉱株ETF(GDX)を構成する大手金鉱山の2020年第一四半期の平均AISCは1オンスあたり932USDでした。比較的コストが高いハーモニーゴールドを除くと915USDで、過去16四半期のGDXトップ34のAISCレンジは855~942USDでした。

上述の通り、現在の金価格とAISCの差分が企業の利益になります。AISCが抑えられているほど、利益を生みやすい企業と言えますね。

ちなみに金鉱株の負債についても調べていますので、併せてご覧ください。

カナダの金鉱株のDEレシオ(負債比率)を比較してみる
前回はカナダの主要な金鉱株のコストについて調べたので、今回は金鉱関連のカナダ株のDEレシオ(負債比率)について調べてみました。 【DEレシオとは】 負債資本倍率(Debt Equity R...

AISCと株価の関係

2020年1月から5月までの主な企業の株価を以下に示します。

いくつかの金鉱株と金価格の推移

出典:yahoo finance

株価推移を見ると、AISCの低いカークランドレイクゴールド(図中ピンク)がやや低迷するなど、「AISCが低いほど株価が高くなりやすい」とは言い切れないように思えます。一方でB2ゴールド(図中水色)は比較的健闘しています。

というか、3月の下落をいくら抑えたかが現在の成績に効いてますね。

全体的には金価格(図中黄色の太線)が上昇するほど、金鉱株は大きく上昇する傾向に見えます。今後も金価格が上昇するならば、カナダの金鉱株は熱いセクターになるかもしれませんね。

個人的には財務面でも優れているカークランドレイクゴールド(Kirkland Lake Gold)(KL:NYSE、KL:TSX)を少し買ってみようかと思いました。