マニュライフ(MFC)から配当金を貰いました(2020年3月)

マニュライフウェブサイト投資

カナダの生命保険大手「マニュライフ(ティッカー:MFC)」から配当金を貰ったので紹介します。

https://www.manulife.com/

前回のマニュライフの配当金の話題はこちらから。

マニュライフ(MFC)から配当金を貰いました(2019年12月)
カナダの生命保険会社であるマニュライフ(ティッカー:MFC)から配当金を貰ったので紹介します。同社はカナダの3大生命保険会社の1社で、筆者が初めて買ったカナダ株でもあります。 マニュライフの財務...
スポンサーリンク

受領配当金

  • 保有株数:3(まだ少ないのw)
  • 税引後配当金:0.42USD
  • 配当利回り:8.67%(!)

マニュライフの2019年の1株あたり配当(DPS)は1.00CAD(カナダドル)でした。1株あたり利益(EPS)は2.97CADだったので、配当性向は約34%でした。今月(2019年Q4)の配当金はカナダドルベースで0.03CAD増配しています。

配当利回りが8%台とぶっとんでますが、これは最近の株安で大きく値を下げたためです。

ちなみに過去の配当金実績はご覧の通り。リーマンショック以降は苦しい時期が続きましたが、最近は増配傾向でした。

マニュライフの配当金実績

出典:Manulife website

https://www.manulife.com/en/investors/shareholder-services/dividend-rates.html

年初から2020年3月までの株価推移

マニュライフの株価はご覧のとおりに最近の株安で大幅に売られ、下落率は50%を超えるなど、一人リーマンショック状態w。

マニュライフの2020年の株価

出典:Atom Finance

しかも、あまりにも株価が下がりすぎて、まさかのリーマンショック時の最安値よりも下がってしまいました。逆に心配になるわw

マニュライフの過去20年の株価

出典:Atom Finance

マニュライフがなぜリーマンショックで大幅に株価が低迷し、現在まで株価を戻せずにいるのかは、Seeking Alphaに書いてるっぽいんですけど、月額課金なので悩みます。

本来はそのあたりもちゃんと調べてから買うべきなんですけどねw

ちなみに最近のニュースによると、中国でのマニュライフの従業員は普通の仕事に戻りつつあるそうです。特に香港には同社のアジアの拠点があるのと、アジアでの契約者拡大を重視しているので、中国での新型肺炎の収束は喜ばしいですね。

https://www.reuters.com/article/health-coronavirus-canada-manulife/update-1-about-75-of-manulife-china-employees-back-in-offices-ceo-says-idUSL1N2BG2HD

もらった配当金の行方

0.42USDだけなので、ぶっちゃけ使い道以前の話なんですけど、カナダ株の追加投資費用にしましょう。記事執筆時点でカナダ市場はまだ深堀しそうな状況。だからこそ、ぼちぼちカナダ株式を集めていくのです。

2006年から2020年までのS&Pトロント総合指数の推移

出典:yahoo finance (ca)

カナダ市場のパフォーマンスを示す「S&Pトロント総合指数」を見ると、リーマン後の上昇のほとんどを失ってしまってます。案外日本株のほうが健闘してると感じる今日この頃です。

日本株は日銀のおかげでかなり水増しされてはいるのですが。

他の分配金や配当金の記事はこちらをどうぞ。

カナダ株の配当金・分配金受領の記録
カナダ株から受け取った配当金・分配金を紹介します。企業業績次第ですが、一般的なカナダ銘柄は年に4回の配当金分配を行なっています。金融銘柄やエネルギーを中心に、高配当銘柄が多めです。 カナダ株式の現地源...

マニュライフの話題はこちらから。

マニュライフ(MFC)の概要と記事一覧
マニュライフはカナダのトロントに拠点を置く生命保険と金融サービスを提供する企業です。カナダの三大生命保険会社の1社とされています。 主にカナダ、アメリカ、そして日本を含むアジア圏を主な商圏としていま...