高配当なカナダ株式トップ20(2019年8月配信記事より)

投資
スポンサーリンク

カナダ版モーニングスターより、半年ぐらい高い人気を誇ってる記事「Canada’s top 20 dividend stocks」を紹介します。リリースされたのは2019年8月ですが、それから半年経った現在ももっとも読まれている記事の1つなんです。

Canada’s top 20 dividend stocks
In the second quarter of 2019, they broke all-time S&P/TSX 60 records

カナダ人も配当金が大好きなんですねw

記事中では、S&Pトロント60指数を構成する、カナダの有名企業60社のうち、配当金利回りの高い銘柄20社を紹介しています。ネット証券の米国株取引きを通じて、日本からも購入できる銘柄が多いので、高配当投資の銘柄選定に役立つかもしれませんね。

というわけで、その20社がこちら。ティッカーはニューヨーク市場のものです。

配当金利回りの高いカナダ企業
銘柄名ティッカー
(米国市場)
配当金利回り
(%)
ネット証券からの購入可否
エンブリッジENB6.20
カナディアンインペリアル銀行CM5.49
ビーシーイーBCE5.02
ノバスコシア銀行BNS4.98
Pembina Pipeline Corp4.72×
ショー・コミュニケーションズ
(クラスB)
SJR4.59
TELUS4.56×
TC エナジーTRP4.40
モントリオール銀行BMO4.21
Emera Inc4.19×
National Bank of Canada4.16×
カナダロイヤル銀行RY3.97
トロントドミニオン銀行TD3.78
ニュートリエンNTR3.36
フォーティスFTS3.29
ロジャース・コミュニケーションズ
(クラスB)
RCI2.87
Rogers Communications Inc2.86×
レストラン・ブランズ・
インターナショナル
QSR2.53
トムソン・ロイターTRI2.22
カナダナショナル鉄道CNI1.60

いくつか銘柄を紹介しましょう。

最も高い配当利回りだったのは、エンブリッジ(ENB)です。北米の燃料パイプラインの敷設を行なう企業で、過去20年以上にわたって毎年増配を続けています。その利回りは6%超と圧倒的です。

【石油株】エンブリッジ(Enbridge)に投資開始!利回り6%の高配当銘柄!
2019年12月に買った銘柄に「エンブリッジ(Enbridge)(ティッカー:ENB)」があります。 この銘柄、現在配当利回りが6%を越えていて、びっくりするほどの高配当銘柄です。カナダ...

ちなみに、カナダの源泉税率は15%です。エンブリッジ(ENB)の配当利回りは、この源泉税を控除しても5%を超えており、高配当株を愛好する投資家にとっては魅力に感じるかと思います。

カナダ株式の配当金にかかる税金(外国源泉税率)は15 or 25%でした
タイトルで述べたとおりに、カナダ株式の配当金にかかる外国源泉税率は15 or 25%で、これば米国企業の外国源泉税率(10%)よりも高い税率でした。 実は利用する証券会社によっては配当課税率が異...

このランキングはS&Pトロント60指数の構成ということもあって、金融系の銘柄(カナディアンインペリアル銀行、ノバスコシア銀行モントリオール銀行、カナダロイヤル銀行、トロントドミニオン銀行)が多いのも特徴です。この5銘柄は「カナダ5大銀行(Big Five)」とも呼ばれ、日本のメガバンク3行みたいなものです。Big Fiveの中では、カナダロイヤル銀行(Royal Bank Of Canada、ティッカー:RY)が最も時価総額比率で大きく、世界中に1600万の顧客がいるそうです。

The Big 5 Banks in Canada
The Big Five Banks is a term to describe the five largest banks in Canada: Royal Bank, The Bank of Montreal, Canadian Imperial Bank of Commerce, The Bank of Nov...

筆者は今のところ、ノバスコシア銀行とモントリオール銀行の株式を保有しています。

バンクオブノバスコシア(BNS)より配当金を貰いました(2020年2月)
「ノバスコシア銀行(Bank of Nova Scotia)」より配当金をもらいました。配当利回りは5%に近い、高配当の金融銘柄です。 ノバスコシア銀行はカナダの5大銀行(Big Fiv...
バンクオブモントリオール(BMO)より配当金をもらいました(2020年2月)
2月が終わってしまいましたが、バンクオブモントリオール(モントリオール銀行、ティッカー:BMO)より配当金をもらいました。モントリオール銀行はカナダの5大銀行(Big Five)の1行で、時価総額では...

最後に、レストラン・ブランズ・インターナショナル(QSR)は、カナダでは超有名なファストフード店「Tim Horton’s」の持ち株会社です。アメリカの偉大なる投資家である「バフェット」率いるバークシャーは、レストラン・ブランズ・インターナショナルの発行株式の2.8%を保有しています(2020年1月現在)。

ちなみに2019年のカナダ旅行では、英語力がヘタレだったので、Tim Horton’sには行かなかったw次回は必ず・・・!

ここまで述べてきた銘柄の多くは、SBI証券やマネックス証券からも購入できます。高配当株の投資先の1つに、カナダの有名企業株はいかがでしょうか?というお話でした。

実は超簡単。カナダ株投資を始めるなら米国株を扱うネット証券を利用するだけ!
こんにちは、みらい(@instockexnet )です。このブログではカナダ株の運用やカナダ旅行の体験談などを紹介できればと考えています。 今回はその話の根幹となるカナダ株の買い方。 実は...

カナダ株の市況は以下で紹介しています。

カナダ株ニュース
カナダ株式に関するニュース記事や話題などを紹介します。カナダのニュースサイトの話題のほか、毎週のカナダ株式市場の市況なども解説しています。
見通し
「見通し」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました