2019年までの過去10年間で高いリターンを出したカナダ企業10社(2020年1月配信記事より)

投資

カナダの通信会社「Bell」の情報チャンネル「BNN Bloomberg」に、「2019年までの過去10年間で高いリターンを出したカナダ企業10社」に関する記事がリリースされていたので紹介します。

https://www.bnnbloomberg.ca/best-tsx-stocks-of-the-decade

ちなみに、日本から取引できるかどうかは、マネックス証券で検索を行ないました。「米国市場に上場していて、かつマネックス証券で取引できれば、取引可能」という扱いですね。

2019年までの過去10年間で高いリターンを出したカナダ企業10社
銘柄名過去10年
リターン
日本からの
取引可否
Dollarama1,030%×
Enghouse Systems1,180%×
Alimentation Couche-Tard1,190%×
InterRent REIT1,440%×
Cargojet1,570%×
Aurora Cannabis2,760%
Air Canada3,680%×
Constellation Software4,060%×
Boyd Group Income Fund4,230%×
Kirkland Lake Gold6,730%

なんと!

医療大麻株オーロラ・カンナビスは過去10年間で5番目に高いリターンを上げた銘柄だったのです!まじか、株価今2ドルしかないですよw

オーロラカンナビスの過去1年間の株価

出典:Atom Finance

オーロラ・カンナビスに限りませんが、医療大麻株はカナダでもかなり期待されていて、この記事の出典元である「BNN Bloomberg」にもわざわざ「CANNABIS NEWS」というサブカテゴリがあるほど。カナダのモトリーフールにも、「医療大麻株は買うべし」といったコンテンツが結構出てきます。

2019年に発行された本によると、医療大麻はカナダでの販売拡大に苦戦しているのと、アメリカとの攻防でまだ課題は山積みなようです。ですが、これからの10年間ももっとも高いリターンを上げるかもしれませんね?

1位になったのはカークランドレイクゴールドカークランドレイクゴールドは最近SBI証券でも取り扱いの始まった銘柄です。

カークランドレイクゴールドの過去1年間の株価

出典:Atom Finance

カークランドレイクゴールドは2013年から2017年頃までは株価が低迷していたものの、最近の金価格の上昇を受けて急激に株価を伸ばしました。2013年は3ドルだったのに・・・w

正直金鉱株のことはよくわからない(笑)ので、これは今後調べたいところです。ほら、カナダって資源系の銘柄多いですしね。

オーロラ・カンナビスとカークランドレイクゴールドを除くと、日本からは購入できない銘柄でした。エア・カナダとか買ってみたいんですけど、ニューヨーク上場はまだですかね。

「エアカナダの株式は日本では買えなさそう」って話
結論から述べると、エアカナダの株式はたぶん大和証券で買えます。 聞いたところによると、大和証券ではエアカナダの株式を扱っていないそうです。 エアカナダの株が買いたいって連絡が来た ...