キャノピーグロースの株価が上昇トレンドへ!?米国の試供品プロモーション企業と契約(2020年1月)

アメリカの試供品プロモーション企業Pinch.meのウェブサイト投資

たまたまSBI証券にログインして外国株の評価額を見ていたところ、ながらく含み損だったキャノピーグロース(CGC)株価が5ドルほど上昇し含み益になってました。株価のチャート的にも反転の兆しかもしれないと思ってみています。

キャノピーグロースの株価は反転へ?(2020年1月)

キャノピーグロースの株価は反転へ??(出典:SBI証券)

調べてみると、ちょうど株価の上昇が始まった2020年1月13日以降にこんなニュースが出ていました。

Jan 15 (Reuters) – Pinchme.Com Inc:

  • SIGNED UP FIRST CANNABIS MARKET CLIENT, CANOPY GROWTH(最初の医療大麻企業としてキャノピーグロースが契約した)
  • UNDER AGREEMENT CANOPY GROWTH WILL BE UTILISING PINCHME PLATFORM TO SUPPORT ITS FIRST HEMP-DERIVED CBD LAUNCH IN US MARKET Source text for Eikon: Further company coverage:(CBDオイルを用いた商品をアメリカで立ち上げるにあたり、キャノピーグロースはPinchme.Comを活用するだろう)

出典:BRIEF-Pinchme.Com Says Signed Up Canopy Growth As Its First Cannabis Market Client | Fidelity

Pinchme.Comとは、商品レビューを行なう代わりに、新商品を無料で試せるアメリカのサービスです(日本からアクセスすると403エラーで弾かれます笑)。そこの医療大麻を使った商品の最初の顧客として、キャノピーグロースが登録したそうです。今後、カンナビジオール(CBD)を用いた商品をアメリカで販売するにあたりPinchme.Comを使うだろう、といったものでした。

米国での展望が期待されて株が買われたのかな?

ただ、その数日後に気になるニュースも出ていました。

Canopy Growth Revises Beverage Launch Timeline(飲料販売のスケジュールを見直す)

出典:Canopy Growth Revises Beverage Launch Timeline | Fidelity

販売スケジュールの遅延は、売り上げに影響を及ぼすため、将来的にはキャノピーグロースの株価停滞に繋がる可能性もあります。キャノピーグロース側は、今のところは2020年の売り上げには影響しないと考えているそうですが、今年もやっぱりダメかもしれませんw

キャノピーグロースを買った話はこちらもどうぞ。

【投機】医療大麻株キャノピーグロース(Canopy Growth)の株を購入!ただ楽観はできないみたい
SBI証券を利用して、カナダ株式の中でおそらくもっとも関心を持たれやすい「キャノピーグロース(Canopy Growth)(ティッカー:CGC)」に投資してみました。 ジム・クレイマーの...