iシェアーズMSCIカナダETFから分配金が入金されました(2019年12月)

投資
スポンサーリンク

サクソバンク証券で購入していた「iシェアーズMSCIカナダETF(ティッカー:EWC)」から分配金が入金されました。この銘柄はMSCIカナダインデックスの修正インデックスをベンチマークにしており、年2回(6月と12月)の分配で、過去30日の分配金利回りは2.13%です。

iShares MSCI Canada ETF | EWC
The iShares MSCI Canada ETF seeks to track the investment results of an index composed of Canadian equities.

経費率などのスペックについては以下のページよりご確認ください。

iシェアーズMSCIカナダETF(EWC)の概要と記事一覧
EWC(iShares MSCI Canada ETF)は米国の資産運用会社ブラックロック(BlackRock)が設定した上場投資信託(ETF)の1つで、カナダの株式市場の動向を示す「MSCI Can...
スポンサーリンク

受領分配金

  • 保有株数:5(まだ少ないのw)
  • 税引後配当金:1.77USD
  • 配当利回り:2.13%

EWCはカナダ関連銘柄で初めて購入したETFです。

なお、同時に買ったEWS(iシェアーズMSCIシンガポールETF)から7ドル入金されてて、そちらのほうが配当金利回りも高いという。しかも、EWSはSBI証券で売ってるのに、間違えてサクソバンク証券で買ってしまい、手数料10USDと一般口座という痛いオチ付き。

EWCの今年の株価チャートや今後の方針など

iシェアーズMSCIカナダETF(EWC)の2019年のチャート

カナダETFの2019年は、米国の株価同様に大きく値上がりしました。ただ、2018年から見ると、EWCはいまだ2018年1月の高値を超えられておらず、2年間ではマイナスリターンのままです。

米国だけは高値を更新していくが、他の市場ではそうでもないというのを感じますね。

ちなみにEWCを買ったのは8月末ごろなので、割と高値で捕まえています。サクソバンク証券の場合、往復で最低10USDの取引手数料がかかるため、もっと購入数量を増やさないと、利益のほとんどを手数料に取られてしまいます。

というわけで、EWCの買い増しは相場が大きく崩れたタイミングで行なうとして、まずはカナダ株の直接購入のほうを重視したいですね。

毎月1カナダ株。ポートフォリオ公開と運用実績の推移
筆者が毎月カナダ株を購入する企画の話。運用残高が100万円ぐらいになるまでは具体的な銘柄やポートフォリオを紹介していくつもりです。 基本的なポートフォリオの方針は以下の記事をベースにしています。が、と...

他の分配金や配当金の記事はこちらをどうぞ。

配当金・分配金受領の記録
このページではカナダ関連株から受け取った配当金・分配金の記録を紹介します。企業業績にもよりますが、一般的なカナダ銘柄は年に4回の配当金分配を行なっています。金融銘柄を中心に、配当金利回りが4%前後の銘...

コメント

タイトルとURLをコピーしました