スポンサーリンク

マニュライフから配当金を貰いました(2019年12月)

投資

マニュライフ(ティッカー:MFC)から配当金を貰ったので紹介します。

English
Manulife is a leading financial services group. We provide financial advice, insurance, as well as wealth and asset management solutions for individuals, groups...
スポンサーリンク

受領配当金

  • 保有株数:2(まだ少ないのw)
  • 税引後配当金:0.29USD
  • 配当利回り:3.844%

マニュライフは初めて購入したカナダ株式です。2019年12月20日終値で1口20.08ドルから購入できるため、「安!」と思って買ったのがきっかけでした。

外資系の保険会社とは知ってましたが、拠点はカナダだったらしいです。ぐっと親近感がわきますね。

ただし、日本で売ってる保険や投信はわりとダメだと思うww

業績など

最近「Atom Finance」という便利ツールを使っているので、米国上場企業の業績把握などが一気に楽になりました。米国のベンチャー企業が開発しているアプリで、機関投資家が使うような情報ボードを個人でも利用できることを目的にしているらしいです。

Atom Finance

それによると、マニュライフの現在の主な指標は下記のようになっています。

  • PER:9.15
  • PBR:1.15
  • EPS:2.88

以下はマニュライフのキャッシュフローの状況。日本語の会計の見方もよーわからんなのに、英語で書かれるとさっぱりわからんな、これはww

マニュライフ(MFC)のキャッシュフロー

  • Cash from Operating Activities:営業キャッシュフロー(緑)
  • Cash from Investing Activities:投資キャッシュフロー(赤)
  • Cash from Financing Activities:財務キャッシュフロー(灰)
  • Net Change in Cash:純資産の変動(橙)

これを見ると、営業収益のほとんどを投資にまわしてる感じなんでしょうか。アニュアルレポートを見ると、マニュライフはアジア圏での顧客獲得に力を入れているようで、そのための費用が結構かかっているのかもしれません。

コンセンサスでは売上(revenue)は来年もさほどのびないと予想されていますが、EPSは少しずつ上がっていく見込みになっています。アナリスト予想では「買い」が多いようです(といっても2票だけですがw)

コンセンサスとかアナリスト予想まで閲覧できるなんてAtom Finance便利すぎだろww

過去1年の株価推移

マニュライフ(MFC)の株価推移(2018-2019)

2019年のリターンは+39.4%でした。ただ、2018年まで遡るとまだマイナスリターンです。

この銘柄に限りませんが、カナダ株式はまだ2018年2月前の高値を超えてない銘柄も結構あります。EWC(iシェアーズMSCIカナダETF)の2018年からのリターンが+2.5%ほどなので、米国だけがやたら株価を上げていて、一般的にはそんなものなんでしょうね。

もらった配当金の行方

0.29USDだけなので、ぶっちゃけ使い道以前に少なすぎなんですけど、日本株の配当金と合算して、何かカナダ株を買おうか迷っています。

まずは基本となるポートフォリオの完成を目指します。

みらいのカナダ株式投資大作戦!ポートフォリオアイディア
こんにちは、みらい(@instockexnet )です。 カナダ株式を買ってポートフォリオを組むにあたって、ただ無作為に銘柄を買っていくのではなく、ある程度分散性などを考慮しながら買いたいと思っています。というのも、有名なカナダ関連株...

コメント

タイトルとURLをコピーしました