【投機】医療大麻株キャノピーグロース(Canopy Growth)の株を購入!ただ楽観はできないみたい

キャノピーグロースウェブサイト投資
スポンサーリンク

SBI証券を利用して、カナダ株式の中でおそらくもっとも関心を持たれやすい「キャノピーグロース(Canopy Growth)(ティッカー:CGC)」に投資してみました。

Canopy Growth | Cannabis Innovation on the World Stage
Canopy Growth advances the world’s perception of cannabis by focusing on research, product development and innovative production capabilities – all presented th...

ジム・クレイマーの株式投資大作戦では、ポートフォリオに「投機」銘柄を加えるようアドバイスしています。キャノピーグロースは投機銘柄に最適で、今後も暖かく見守っていこうと思うところです。

他の医療大麻株関連の話は下記リンクよりご覧ください。

医療大麻株の概要と記事一覧
カナダ株式のヘルスケアセクターには医療大麻関連銘柄が含まれています。 ★ネット証券でも購入できる医療大麻銘柄 オーロラカンナビス / Aurora Cannabis Inc(ティッカー:ACB) ...

医療大麻株の買い方はこちら。

日本のネット証券で買えるカナダの医療大麻株の解説
こんにちは、みらい(@instockexnet )です。この記事では「日本でも買えるカナダ籍の医療大麻株」を紹介したく思います。記事執筆時点で筆者が把握している、日本からも買える医療大麻関連銘柄は以下...
スポンサーリンク

銘柄解説

嗜好品市場の今後に期待される銘柄

キャノピーグロースは「医療大麻関連株」で、医療大麻関連銘柄の中でも特に有力な企業の1社です。

日本では合法化なんて実現しそうにもありませんが、カナダはすでに合法化されており、アメリカでもその流れができつつあります。2021年の大麻関連市場の規模は3.5兆円にも達する見込みで、その中で時価総額では最大規模のキャノピーグロースへの期待度も高まりますね。

「大麻合法化」は、米国にどのような変化をもたらしたのか? | Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)
米国における産業用大麻の合法化からジェフ・セッションズの司法長官解任まで、2018年は大麻合法化へ向けた転機となる年だった。改めて大麻を巡る昨年1年間を振り返る。2018年は、米国のマリファナ(大麻)事情に関して特に大きな変革の年という訳で
世界の合法大麻市場、2021年には3.5兆円規模に成長の見通し
世界の合法大麻市場は、2021年には314億ドル(約3兆5700億円)規模にまで成長する見通しだ。現在の市場規模はおよそ77億ドルと推定されているが、合法化する国が増えると見られる中で、今後60%の年平均成長率(CAGR)が予想されている。

ただ販売拡大には程遠いらしい

ただ、実際のところは合法化で販売拡大にはかなり険しい道のりがまっているようです。

結局のところ、合法化以前から大麻を吸っていた人は吸い続けていて、そちらは安く、違法に入手して使っている。前々からの馴染みのルートもあるでしょう。一方で、合法化されたことで大麻を吸ってみようという新規の客は、政府が目論んでいたより少なかったということ。おそらく“違法なものを隠れてコソコソ吸う”ことが、大麻の魅力のひとつだったのではないでしょうか。それが堂々と“やって良し”となると、萎えてしまうのでは……

出典:カナダが大麻を解禁してから1年 政府の目論見は外れ、意外に流行らない複雑事情 | デイリー新潮

面白いですね。「合法化で株価が暴騰してぼろ儲け」の甘い目論見は止めておいたほうが良いようです。

過去1年間の株価推移は低調

大麻関連株は軒並み数十%の下落を記録

キャノピーグロース(CGC)の過去1年間の株価推移

出典:Atom Finance

キャノピーグロースの株価は、残念ながらこの状況です。

大麻合法化のタイミングでは期待されて値上がりしたものの、そもそもの業績が赤字なので、どうしても株価は下がってしまいますね。Atom Financeのデータによると、過去12ヶ月のEPSは2.18ドルの赤字で、売り上げは出ているものの、黒字化していません。

コンセンサスでは2020年度の利益も赤字(EPSは1.18ドルの赤字)と予想されています。なんらかの要因で売り上げが黒字になれば爆発的に株価が伸びる可能性はありますが、現時点では厳しいと思います。

一応アメリカでもいろいろ進出してはいるみたいなのですが。

キャノピーグロースの株価が上昇トレンドへ!?米国の試供品プロモーション企業と契約(2020年1月)
たまたまSBI証券にログインして外国株の評価額を見ていたところ、ながらく含み損だったキャノピーグロース(CGC)の株価が5ドルほど上昇し含み益になってました。株価のチャート的にも反転の兆しかもしれない...

なお、アナリスト予想では61%が買いと判断しています。

強気だなぁ。

なお、キャノピーグロースとよく比較される医療用大麻銘柄にオーロラカンナビス(ACB)やティルレイ(TLRY)、またクロノスグループ(CRON)などがあります。いずれの銘柄も2019年の株価は数十%以上の大幅な下落を記録しており、医療用大麻に対する投資家の態度は悲観的な状況と言えます。

以下はキャノピーグロースなどを含むETF「ETFMG Alternative Harvest ETF(ティッカー:MJ)」のチャートで、2019年はご覧のありさまです。

医療大麻ETF「MJ」の2020年3月までの株価

出典:https://finance.yahoo.com/quote/MJ/

日本でも買える医療大麻株ETF(MJ)は案外いいかもね
1つ前の記事では、日本のネット証券でも購入できる医療大麻株について紹介しました。そこで、この記事はそれらの医療大麻株にまとめて投資できるETF「MJ」について紹介します。 ただ、残念なが...

2019年時点で配当金はありません

2019年12月時点でキャノピーグロースは配当金を出していません。まあ、業績が赤字なので、配当金出されても困るわけですが。

今後の投資方針

この分野への投資は「投機」であることを理解していますので、気にせず買い続けようと思います。仮にカナダ株で100万円のポートフォリオを作った場合は、10万円ぐらいの投資になるかもしれません。10万円ぐらいなら紙くずになっても頑張って働けばいいので、現在のタイミングでいっぱい買っておきたいですね。

できれば、「他の銘柄の配当金で買っていく」ぐらいのポートフォリオに育てたいなぁと。

他の医療大麻株の話題は以下よりご覧ください。

医療大麻株の概要と記事一覧
カナダ株式のヘルスケアセクターには医療大麻関連銘柄が含まれています。 ★ネット証券でも購入できる医療大麻銘柄 オーロラカンナビス / Aurora Cannabis Inc(ティッカー:ACB) ...

ネット証券でのキャノピーグロースの取り扱い状況は以下の記事をご覧ください。

日本のネット証券で買えるカナダの医療大麻株の解説
こんにちは、みらい(@instockexnet )です。この記事では「日本でも買えるカナダ籍の医療大麻株」を紹介したく思います。記事執筆時点で筆者が把握している、日本からも買える医療大麻関連銘柄は以下...

コメント

タイトルとURLをコピーしました