S&Pトロント60(S&P/TSX 60)の特徴など。60の大型株をカバーする株価指数

S&P TSX60のセクター別構成比率投資

この記事ではカナダ・トロント証券取引所で利用されている株価指数「S&Pトロント60(S&P/TSX 60)」の特徴を紹介します。

https://www.spindices.com/indices/equity/sp-tsx-60-index

S&Pトロント総合指数は約250社ほどの株式から成る指数でしたが、S&Pトロント60は構成銘柄が60社で、かつ大型株に限られています。

S&Pトロント総合指数(S&P/TSX Composite Index)の特徴など。約250社からなるカナダの代表的な指数
このページでは、カナダの株式市場のパフォーマンスを知る際に役立つS&Pトロント総合指数(S&P/TSX Composite Index)について紹介します。 S&...
S&Pトロント60の特徴
構成銘柄数60
時価総額(平均)31,989.22
時価総額(最大)152,407.02
時価総額(最小)3,530.01
時価総額(中央値)23,774.07
最上位銘柄の占める比率8.4%
上位10銘柄の占める比率48%

2019年9月末時点での構成上位10銘柄は以下の通りで、10銘柄中5銘柄は金融セクターに属しています。

  1. カナダロイヤル銀行
  2. トロント・ドミニオン銀行
  3. エンブリッジ
  4. ノバスコシア銀行
  5. カナディアンナショナル鉄道
  6. ブロックフィールドアセットマネジメント
  7. モントリオール銀行
  8. TCエナジーコーポレーション
  9. サンコーエナジー
  10. BCE(旧Bell Canada Enterprises Inc.)

※上位10銘柄の指数の構成比率は約48%。2019年10月末時点。

以下はS&Pトロント60のセクター別の構成比率をMSCIカナダインデックスの構成比率と比較したものです。

S&P TSX60のセクター別構成比率

S&P TSX60セクター別ウェイト(出典:https://www.spindices.com/indices/equity/sp-tsx-60-index)

MSCIカナダインデックスの基本的な特徴やセクター構成比率など
「MSCIカナダインデックス(MSCI canada Index)」はカナダ株式に投資する際に役に立つインデックス(指数)の1つです。この指数は中型株から大型株から構成された88銘柄から算出され、カナ...

基本的に金融とエネルギーの比率が高く、それ以外のセクターの比率が低くなってしまうのがカナダ株式の特徴ですね。

2019年11月現在で、日本上場もしくは米国上場銘柄を利用してS&Pトロント60に連動する銘柄に投資することはできません。本指数に連動するETFはいくつかあるものの、それらはカナダ・トロント市場に上場しています。

S&Pトロント60以外の指数については、こちらからご覧ください。

カナダ株価指数(インデックス)
カナダの株式市場の成績を示す主な指数(インデックス)は、以下の3つがあります。 ★カナダの株式市場のパフォーマンスを示す主な指数 S&Pトロント総合指数(S&P/TSX Compo...