みらいのカナダ株式投資大作戦!へようこそ

このブログは、カナダ旅行を通じてカナダに関心を持った筆者(@instockexnet )が、カナダ国籍の株式を調べたり、実際に取引したりした記録を紹介するために運営しています。

「投資信託ではなく、直接カナダの株式を買いたいなー」と思って調べたら買えちゃったという話で、他のブログでは読めないようなニッチなカナダの話題を紹介していきます。

新着記事

「時価総額インデックス vs 高配当株投資」をカナダ株式市場で検証してみる
カナダ籍金鉱株の「コスト」AISC(All-In Sustaining Costs)を調べてみる
バンクオブノバスコシア(BNS)より配当金を貰いました(2020年4月)
TCエナジー(トランスカナダ / TRP)より配当金をもらいました(2020年5月)
【2020年4月】今月のカナダ株式ポートフォリオ【実績公開】
オーロラカンナビス(ACB)が2020年5月に12対1の株式併合を実施
バリックゴールド(GOLD / ABX.TO)がパプアニューギニアで騒動に巻き込まれてる件
アグニコイーグルマインズ(AEM)の株価が上昇!今後も上がるのかな?
最近のキャノピーグロース(CGC)はなぜ株価が上がってるのかな?(2020年4月)
楽天証券のiSPEEDが米国株取引対応。カナダ株もスマホでさくっと買えちゃうね!

カナダ株ニュース

2020年の株式市場クラッシュの話題はこちらから。

2020年の株式市場クラッシュ
このタグでは、2020年の2月後半から始まった株式市場の大幅な下落に関連する話題を紹介していきます。カナダ市場は同時に始まった原油安の影響を受け、エネルギーセクターの銘柄を中心に大幅に売られました。 ...

なぜカナダ株?売買する3つのメリット

★カナダ株を売買する主なメリット

カナダは「大陸にある国家で、隣国が米国である」という土地柄、日本とは異なる産業が発達しています。特に石油(またはシェールオイル)や天然ガスなどのエネルギー資源を採掘する企業や、貴金属・ウランなどの鉱石を採掘する企業が時価総額で大きなウェイトを占めています。

また、カナダにはグリーンラッシュ銘柄(いわゆる医療大麻銘柄)もあり、今後の市場拡大に期待を持たれています。

なお、時価総額上でもっとも大きな比率を占めるのはビッグファイブと呼ばれるカナダ五大銀行です。これはいずれも配当利回りの高さが魅力的です。

カナダ株式を始める際の基礎知識

カナダ籍の企業の株式を取引する方法

カナダ株式を購入する最も簡単な方法は、米国株式を扱うネット証券に口座を開設し、米国市場に上場するカナダ株式を購入することです。国内ネット証券でも50~60銘柄以上のカナダ籍超を取引可能です。

実は超簡単。カナダ株投資を始めるなら米国株を扱うネット証券を利用するだけ!
この記事ではカナダ株の買い方を解説します。 実はカナダ株式そのものを購入するには手間やお金がかかるのですが、米国市場に上場するカナダ発の企業の株式を買うのはめっちゃ簡単です。筆者は「カナダ株投資...

カナダ株式から受け取った配当金には15 or 25%の外国源泉税率がかかります。これは一般的な米国株式の税率(10%)よりも高い税率です。

カナダ株式の配当金にかかる税金(外国源泉税率)は15 or 25%でした
タイトルで述べたとおりに、カナダ株式の配当金にかかる外国源泉税率は15 or 25%で、これば米国企業の外国源泉税率(10%)よりも高い税率でした。 実は利用する証券会社によっては配当課税率が異...

カナダ市場を構成する主なセクターは「金融」と「エネルギー」です。特に金融の比率が40%ほどと高く、「S&Pトロント総合指数」の上位6銘柄が金融銘柄です。いずれのセクターも金融危機の局面に弱い点で注意が必要です。

日本のネット証券から購入できる主な銘柄の解説

これは以前筆者が調べた、SBI証券やマネックス証券で購入できるカナダ発企業の銘柄リストです。

ネット証券の米国株取引を通じて購入できるカナダ企業(2020年1月時点)
ティッカー
(カナダ市場※)
企業名セクタ-
AEMアグニコイーグルマインズMaterials
BAMブルックフィルドアセットマネジメントFinancials
BBブラックベリーInformation Technology
BCEBCECommunication
BHCボシュヘルスHealth Care
BMOバンクオブモントリオールFinancials
BNSバンクオブノバスコシアFinancials
CCJ
(CCO)
カメコEnergy
CMカナディアンインペリアルバンクFinancials
CNQカナディアンナチュラルリソーシズEnergy
CNI
(CNR)
カナディアンナショナルレイルウェイIndustrials
CPカナディアンパシフィックレイルウェイIndustrials
CVEセノバスエナジーEnergy
ENBエンブリッジEnergy
GIBCGIInformation Technology
GILギルダンアクティブウェアConsumer Discretionary
KGC
(K)
キンロスゴールドMaterials
MFCマニュライフFinancials
MGA
(MG)
マグナインターナショナルConsumer Discretionary
NTRニュートリエンMaterials
QSRレストランブランドインターナショナルConsumer Discretionary
RCIロジャースコミュニケーションCommunication
RYロイヤルバンクオブカナダFinancials
SHOPショピファイInformation Technology
SLFサンライフFinancials
SUサンコアEnergy
TECKテックリソーシズMaterials
TDトロントドミニオンバンクFinancials
TRIトムソンロイターIndustrials
WCNウェーストコネクションズIndustrials
CGC
(WEED)
キャノピーグロースHealth Care
WPMウィートン プレシャス メタルズMaterials
BLDPバラードパワーシステムズEnergy
EGOエルドラドゴールドMaterials
ACBオーロラカンナビスHealth Care
TRPTCエナジー(トランスカナダ)Energy

※ティッカーは米国市場。カッコ内はカナダ市場

各証券会社の取り扱い銘柄に関する記事

SBI証券取扱銘柄
筆者は主にSBI証券を通じて、カナダ関連株を購入しています(普段使い慣れてるので)。SBI証券では、高配当のビッグファイブ銘柄やエンブリッジなど、30~40銘柄ほどを購入可能です。 ★SBI証券の米...
楽天証券取扱銘柄
筆者は使っていませんが、楽天証券を通じて米国株を買うこともできます。SBI証券と異なり、自動でドル建てMMFを買い付けるサービスがあるため、確定申告の手間が生じないのもメリットです。加えて、本題から外...
マネックス証券取扱銘柄
筆者がサブの口座に使っているのが、マネックス証券です。マネックス証券では、高配当のビッグファイブ銘柄やエンブリッジに加え、著名な垂直統合型の大手医療大麻株をすべて購入可能です。 ★マネックス証券の米...
サクソバンク証券取扱銘柄
圧倒的な銘柄扱い数を誇るサクソバンク証券では、カナダ発の企業に加えて、MSCIカナダ指数に連動するiシェアーズMSCIカナダETF(EWC)を購入できるメリットもあります。その代わり、いくつかのデメリ...

カナダ株のパフォーマンスをチェックできる主な指数の解説

★カナダの株式市場のパフォーマンスを示す主な指数

ニュース等ではS&Pトロント総合指数が利用されています。これはアメリカのS&P500指数に近い位置づけのものです。指数に関する情報は以下よりご覧ください。

カナダ株価指数(インデックス)
カナダの株式市場で使われている指数(インデックス)を解説します。主なところでは、以下の3つがあります。 ★カナダの株式市場のパフォーマンスを示す主な指数 S&Pトロント総合指数(S&amp...

配当金でカナダ旅行を楽しむ!

カナダ株の取引きで得た利益をもとに、カナダ旅行を楽しむのが目標。カナダにいっぱいいけたらいいですね。

海外旅行
海外旅行としてカナダに行ったことをまとめています。できれば1年に1回ぐらいは行きたい。。。

配当金の受取記録は以下のタグにてまとめています。

カナダ株の配当金・分配金受領の記録
このページではカナダ関連株から受け取った配当金・分配金の記録を紹介します。企業業績にもよりますが、一般的なカナダ銘柄は年に4回の配当金分配を行なっています。金融銘柄を中心に、配当金利回りが4%前後の銘...
タイトルとURLをコピーしました